[アニメ]カイバ The tree song
 この前、大体の訳を、ニコニコ動画でしたんですが・・・
あれから思ったこと。
 カイバの木は寂しい魂を満たそうとするために、すべてを飲み込み静かに立っている・・・・という
 これは、我々が、現代のコミュニティの消失した、さびしい魂と、
飲み込み、知識を我が物として、優勢に立たなければ、生きていけないという、思いをはらんでいる。
 資本主義は確かに、我々の欲求に即した、うまく出来たシステムだと思う。
でも、数パーセントの優位者が、コミュニティを等に不安をあおり、多くのさびしい魂を作り上げ、そして、自分の都合のよい土台を作り、競争させていると思う。
 カイバでポポはいった、カイバの木にのみこまれて一体になろう、そうすれば、それは人類の進化だと。
 貧しいものに、選択肢はすくない、さらに、情報報道で不安をあおられ、さらに労働が強化される。極端な貧富の差が、ポポのあの台詞の裏にはあるのではないか。
[PR]
by mifjpn | 2009-12-10 22:54 | アニメ
<< [seal]青い羽、でっかいたいまつ [seal]みんながんばれ! >>