カテゴリ:映画( 20 )
[映画]おおかみこどもの雨と雪
自分の子供に言えること・・・

「ただ、しっかり生きて!」

それだけです。
[PR]
by mifjpn | 2013-05-03 17:21 | 映画
コクリコ坂から
派手なアクションなしの、じんわり考えさせる内容です。
戦争があった昭和世代でないと、良くわからないかもしれません。
しかし、主題歌は、「上を向いてあるこう」のほうがよかったなぁ
とおもいます。
[PR]
by mifjpn | 2011-07-23 15:43 | 映画
カムイ外伝 [DVD]
カムイ外伝 [DVD] | 商品情報(商品)
 外伝のほうは、ショートストーリーが多いので、切り取りやすく、再構成もしやすく映画向きだったのかなぁとおもいます。
 いかにもCGとワイヤーアクションって言うのが、ちょっと鼻につきすぎてはいます。もう少し工夫できなかったのかなぁ
 カムイ外伝も、多くのストーリーが織り成す、ものです。その、一解釈であるとおもいます。
[PR]
by mifjpn | 2010-11-17 22:16 | 映画
シンドラーのリスト
シンドラーのリスト スペシャルエディション [DVD] | 商品情報(商品)
長いんでDVD2枚にわたるんですが・・・見てしまいました。
シンドラーが救えたのは約1100人、殺戮されたのは600万人。
そんな国と同盟を結んでいた日本。
NHKの映像の世紀とともに見ると、ナチスがおこなったユダヤ人殺戮のすさまじさとともに、
愛国心とともに、こんなことが、おきてしまうという、そこははしれない恐怖。
また、おこりえるという恐怖。
これは、第2次世界大戦の1つの大きな爪あととして、永遠に消すことのできないものだと思います。
[PR]
by mifjpn | 2010-10-15 21:51 | 映画
アンドロメダ… [DVD]
アンドロメダ… [DVD] | 商品情報(商品)
 以前にマイケル クライトンで読んだことがあったので、借りてみました。
いまだ、バイオハザードマークすらなかったころに、想定された、病原体管理のレベル。
いまだ、時分割方式の大型コンピュータが目面しかったころ、
いま、バイオハザードが流行する中、クライトンは当時先進的だったのかもしれないと思います。
[PR]
by mifjpn | 2010-10-13 22:33 | 映画
砂の器 デジタルリマスター 2005 [DVD]
砂の器 デジタルリマスター 2005 [DVD] | 商品情報(商品)
ハンセン氏病、戦争、運命とも言うべく、重厚なテーマを扱ったエキスの濃い映画でした。
[PR]
by mifjpn | 2010-10-07 21:43 | 映画
借り暮らしのアリエッティ
生きよう
生き延びよう
暮らして行こう
そんな作品です。
[PR]
by mifjpn | 2010-07-20 17:16 | 映画
耳をすませば [DVD]
耳をすませば [DVD] | 商品情報(商品)

 ジブリの中では、ちょっと落ち着いた設定だったのか。いままで、見てませんでした。
でも、いい大人だって、一度は経験した道なんじゃないかなぁ。
いい、まっすぐ原石を磨いていく良いストーリーです。
 かというわたしも、中学のころ、化学理論の本を読んで、化学をもっと物理学的理論たらしめんと、国立大学の修士にまでなった。
 道は険しく、糸のような、物理と化学のつながりに、ハットしたものだった。
ノーベル賞化学者福井謙一が作った道は、そうそう、だれにでも作れる道でないことが良くわかった。
 でも、いまは、思う。福井謙一門下の教授たちの教えてくれたこと。基礎研究の道の貫き方だったのだと思う。
 なんだか、懐かしいことを思い出させてくれる。いい作品だ。
[PR]
by mifjpn | 2010-04-16 22:58 | 映画
傷だらけの天使 DVD
傷だらけの天使 DVD-BOX I | 商品情報(商品)
 若くてやんちゃでかっこいい、ショーケン。今のキャストだと、信じられない、水谷豊。
いまでは、ベテランの豪華俳優の下っ端役。
未来に残った作品の1つだとおもいます。
それはやっぱり、ジーンと来る人間性や人間の野性味にあるのではないかとおもうのです。
[PR]
by mifjpn | 2009-12-28 08:38 | 映画
スター トレック
スタートレック見て来ました。

ST1はもう古い。
とおもったら、大間違い。
お話は宇宙を分岐させ、新しいST世界を作ってしまったのです。
カーク、スポック、マッコイ、チャコティ、スールー、ウフーラ・・の若きころが、分岐した宇宙で展開されます。
充実した、CG,アクション性十分満足です。
特徴は、分岐した宇宙を元に戻さないこと。
充足して、窮屈になった、スタートレックの歴史を開放した点にあると思います。
最期のクレジット前で、例のSTのOPとともにいつものナレーションが・・・・
さいごに、ロッテンベリーに捧ぐ・・・
トレッキーには感慨深い作品でしたネェ。
[PR]
by mifjpn | 2009-05-30 15:44 | 映画